受講費用は8,800円 (税込)のみ!
機械保全 機械系保全作業 合格コース
答えの丸暗記では合格ができない!?
技能検定は、毎年出題傾向が似ているため、過去問を使って答えを丸暗記する人は少なくないのではないでしょうか?
しかし、出題される範囲は幅広く、様々なジャンルの知識が求められるため、丸暗記だけでは合格することができません。 例年50%前後は不合格となってしまいます。
そこでヒグトレでは、すべての問題に丁寧な解説を設け、誰もが合格に必要なレベルに近づけるサービスをご用意しました。
業界最大級の解説量を誇るオンライン教材で、合格を手に入れましょう!
機械保全 機械系保全作業 合格コース 1級
機械保全 機械系保全作業 合格コース 2級
機械保全 機械系保全作業 合格コース 3級

機械保全 機械系保全作業 合格コース
答えの丸暗記では合格ができない!?

技能検定は、毎年出題傾向が似ているため、過去問を使って答えを丸暗記する人は少なくないのではないでしょうか?
しかし、出題される範囲は幅広く、様々なジャンルの知識が求められるため、丸暗記だけでは合格することができません。例年50%前後は不合格となってしまいます。
そこでヒグトレでは、すべての問題に丁寧な解説を設け、誰もが合格に必要なレベルに近づけるサービスをご用意しました。
業界最大級の解説量を誇るデジタル教材で、合格を手に入れましょう!

機械保全 機械系保全作業
合格コース 1級
機械保全 機械系保全作業
合格コース 2級
機械保全 機械系保全作業
合格コース 3級

コース紹介

機械保全ってどんな試験?
機械保全技能士、通称「機械保全」とは、機械の修理やメンテナンスなど、工場で機械が正常に稼働するように保全する技能レベルを認定する国家資格!
詳しい試験概要はこちら
資格取得のメリット
機械保全のスキルは、製造現場で機械を正しく動かすために欠かせません。機械保全の資格を取得することで、昇給や昇進に有利になるなど、キャリアアップのチャンスとなります。
丁寧でわかりやすい
丁寧でわかりやすい解説にこだわり、利用者の86%以上が「スゴくわかりやすい!」と回答を頂きました。

機械保全 機械系保全作業 合格コース 1級
機械保全 機械系保全作業 合格コース 2級
機械保全 機械系保全作業 合格コース 3級

機械保全 機械系保全作業
合格コース 1級
機械保全 機械系保全作業
合格コース 2級
機械保全 機械系保全作業
合格コース 3級

技能検定対策動画サンプル

試験概要

令和4年度前期(2022年度 夏)に行われる機械保全・機械系保全作業の試験概要について説明します。

試験内容

学科試験

出題範囲

以下の6科目から出題されます。
詳しくはこちらをご確認ください。

  • 機械一般
  • 電気一般
  • 機械保全法一般
  • 材料一般
  • 安全衛生
  • 機械系保全法

試験の形式・問題数・時間

等級区分試験形式問題数試験時間
特級五択問題50題2時間
1級正誤問題と四択問題50題1時間40分
2級正誤問題と四択問題50題1時間40分
3級正誤問題30題1時間

実技試験

出題範囲

以下の5科目から出題されます。詳しくは
詳しくはこちらをご確認ください。

  • 機械の保全計画の作成
  • 機械の主要構成要素に生ずる欠陥の発見
  • 機械の異常時における対応措置の決定
  • 潤滑剤の判別
  • 作業時間の見積もり

試験の形式・時間

等級区分試験形式問題数試験時間
特級計画立案等作業試験10題2時間30分
1級判断等試験8題1時間20分
2級判断等試験8題1時間20分
3級判断等試験7題1時間10分

計画立案等作業試験:受検者に現場における実際的な課題等を紙面を用いて表、グラフ、図面、文章等によって掲示し、計算、計画立案、予測等を行わせることにより技能の程度を評価する試験

判断等試験:受検者に対象物又は現場の状態、状況等を原材料、標本、模型、写真、ビデオ等を用いて提示し、判別、判断、測定等を行わせることにより技能の程度を評価する試験

日程

・実施公示 期間
令和4年 3月1日(火)〜4月1日(金)
・受験申請申込 期間
インターネット申込:令和4年 4月1日(金) 10:00 〜4月22日(金) 18:00 郵送申込:令和4年 4月1日(金)〜4月15日(金)
・学科試験 実施日
特級:実施なし
1級:実施なし
2級:実施なし
3級:令和4年 6月26日(日)
・実技試験 実施日 ※2
特級:実施なし
1級:実施なし
2級:実施なし
3級:令和4年 6月26日(日)
・合格発表日
3級:令和4年 8月19日(金)

※1 詳しくはこちらをご確認ください。

受験手数料

種類受験手数料※2
学科試験・実技試験両方20,000円
学科試験のみ4,600円
実技試験のみ15,400円

1決済方法により事務手数料(80円・税込)または振込手数料(課税対象)が別途必要です。。

2一部の受検者は減免・学割の対象になります。詳しくはこちらをご確認ください。

受検資格

等級区分受講資格
特級1級合格後 5年以上
1級実務経験 7年以上
2級実務経験 2年以上
3級誰でも受検可能

詳しくはこちらをご確認ください。

申込方法

個人申請と団体申請の2種類があります。ご自身が受けられる申請種類を選び、インターネットもしくは郵送で申込をします。申請は運営団体(日本プラントメンテナンス協会)ホームページから行うことができます。

受検申請者数・合格率 ※1

等級区分受検申請者数合格率
特級664名18.8%
1級7,134名54.2%
2級12,562名62.8%
3級7,409名 ※270.3%

1最新版(令和2年度試験)のデータです。詳しくはこちらをご確認ください。

2令和2年度の3級の試験は、新型コロナウイルスの影響で中止となりました。そのため、参考数値として、令和元年度の受検申請者数と合格率を記載しています。

合格基準

種類合格基準
学科試験100点満点中65点以上
実技試験減点法で41点以上
  • 詳しくはこちらをご確認ください。
  • 受検に関する問い合わせ

運営団体(日本プラントメンテナンス協会)の問い合わせフォームからお問い合わせください。

受検に関する問い合わせ

受検全般について

中央職業能力開発協会 技能検定部企画管理課
03-6758-2859

試験の実施日程・受験申込・合格発表等について

各都道府県職業能力開発協会
こちらをご確認ください

機械保全 機械系保全作業 合格コース 1級
機械保全 機械系保全作業 合格コース 2級
機械保全 機械系保全作業 合格コース 3級

機械保全 機械系保全作業
合格コース 1級
機械保全 機械系保全作業
合格コース 2級
機械保全 機械系保全作業
合格コース 3級